出産育児一時金


ページ番号1007861 


国民健康保険の加入者が出産(妊娠85日以上の死産を含む)したときに、出産育児一時金として42万円が支給されます。

直接支払制度を利用することにより、42万円は国民健康保険から直接医療機関等に支払われますので、医療機関等での支払いは、分娩費用から42万円を差し引いた金額になります。
直接支払制度を利用する場合は、医療機関等と「直接支払制度を利用する旨の合意文書」を取り交わすことが必要です(市役所での手続きは不要です)。

ただし、以下の要件に該当する場合は、出産育児一時金の申請が必要です。

申請は国保年金課、各区役所区民課(中央区役所を除く)、各まちづくりセンター(橋本、本庁地域、大野南まちづくりセンターを除く)、各出張所の窓口で行えます。

手続きに必要なもの

医療機関等への直接支払制度を利用し、出産(死産)費用が42万円に満たないとき

医療機関等への直接支払制度を利用しないとき

海外での出産のとき

申請してから支給されるまで

国民健康保険の加入者(分娩者)が会社を退職後(社会保険の資格の喪失後)6カ月以内に出産した場合は、以前に加入していた社会保険から出産育児一時金の支給を受けることが出来ます(ただし、1年以上継続して社会保険に加入していた場合に限ります。)。
社会保険によっては、独自の付加給付を行っているため、国民健康保険より支給額が多い場合があります。
該当される方は、以前に加入していた社会保険にご確認ください(社会保険から支給された場合は国民健康保険からは支給されません。)。


国保年金課
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.