有毒植物による食中毒予防について


ページ番号1007400  最終更新日 令和4年9月15日


有毒植物による食中毒は毎年発生しており、死亡者が出る事例もあります。
食用の野草と確実に判断できない植物の取り扱いには十分に注意しましょう。

「毒キノコ」にもご注意ください!

夏の気温が高く、その後の適度な降雨があり、朝晩の気温が低下すると、多くのキノコの発生することが考えられます。
毎年、毒キノコを原因とする食中毒が全国で発生しています。
毒キノコによる食中毒防止のため、食用と確実に判断できないキノコ類については、絶対に「採らない」、「食べない」、「売らない」、「人にあげない」を守りましょう。

参考


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


生活衛生課(食品衛生班)
電話:042-769-9234 ファクス:042-750-3066

生活衛生課(津久井班)
電話:042-780-1413 ファクス:042-784-1222


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.