焼肉やバーベキューでの食中毒に注意!


ページ番号1007397  最終更新日 平成30年1月12日


[画像]食中毒のチラシの画像(54.8KB)

行楽シーズンを迎え、屋外で焼肉やバーベキューをする機会が増える時期となりました。
お肉にはO-157やカンピロバクターなど食中毒の原因となる細菌が付着していることがあります。
正しい知識で食中毒を予防し、安全に美味しく食事をしましょう。

お肉による食中毒を予防するために

  1. お肉を焼くトング(はし)と食べるはしを分けましょう。
  2. お肉は十分に加熱しましょう。(目安:中心部75℃1分以上)
  3. 生肉に触れた付け合わせの野菜も十分に加熱してから食べましょう。
  4. 子どもや高齢者など抵抗力が弱い人は特に注意しましょう。

チラシ


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


生活衛生課(食品衛生班)
電話:042-769-9234 ファクス:042-750-3066

生活衛生課(津久井班)
電話:042-780-1413 ファクス:042-784-1222


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.