ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種


ページ番号1007214 


ヒトパピローマウイルス感染症については、平成25年4月1日から、予防接種法に定められた定期接種として実施していますが、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が接種後に見られたことから、この副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種のお勧めを控えることになりました。
なお、ワクチンの有効性とリスクについて理解したうえで接種を希望する対象年齢の人は、これまで通り無料で接種を受けることができます。
詳細は、以下をご覧ください。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種後の症状に関する相談等について

ワクチン接種後の急性炎症が軽快せず、痛みやしびれ等の症状が2週間以上持続している場合や、急性炎症が軽快したにもかかわらず、四肢の痛み・しびれ、精神的不安定等の症状が持続している場合は、専門医療機関の受診をお薦めします。受診の際は、これまでの検査結果や診療内容が記載されている医療機関からの紹介状(診療情報提供書)が必要になりますので、検査や診療を受けた医療機関へご相談ください。詳しくは、以下をご覧ください。

接種回数

3回(接種間隔は「ワクチンの種類」の項目をご覧ください。)

対象者

接種日に本市に住民登録(外国人を含む)のある対象年齢の人

対象年齢

予防接種には原則として保護者の同伴が必要ですが、ヒトパピローマウイルス感染症予防接種を13歳以上で接種するときは、保護者が署名した同意書及び予診票をお子さんが持参することで、保護者が同伴しない場合でも予防接種を受けることができます。同意書が必要な場合は、次のリンク先からダウンロードしてご利用ください。

ワクチンの種類

平成23年9月15日(木曜日)からMSD株式会社のワクチン(ガーダシル)が、グラクソ・スミスクライン株式会社のワクチン(サーバリックス)とともに無料接種の対象になりました。
どちらのワクチンも子宮頸がんの予防効果がありますので、医療機関で相談し、接種できるほうを接種してください。

サーバリックス

効果

子宮頸がんを引き起こす原因の約70%を占めるヒトパピローマウイルスのうち、16型と18型の感染を防ぎます。

接種間隔

初回接種日から数えて、おおむね1カ月後と6カ月後に追加接種(計3回)

ガーダシル(平成23年9月15日(木曜日)以降の接種で使用可能となりました。)

効果

子宮頸がんを引き起こす原因の約70%を占めるヒトパピローマウイルスのうち、16型、18型の感染を防ぎます。また、尖圭コンジローマの原因の90%を占めるヒトパピローマウイルスのうち、6型、11型の感染を防ぎます。

接種間隔

初回接種から数えて、おおむね2カ月後と6カ月後に追加接種(計3回)

ガーダシルとサーバリックスは、いずれも同じワクチンを3回続けて接種することになっています。片方を接種後にもう片方を接種する場合の効果などは分かっていません。すでに1回以上サーバリックスを接種した方は、2回目または3回目以降も引き続きサーバリックスを接種してください。

ワクチン接種後の副反応

現在、接種との因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度等について厚生労働省が調査を行っています。なお、これまでに確認されている副反応については、以下のとおりです。

サーバリックス

ガーダシル

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンQ&A

Q1 ワクチンを接種すれば一生子宮頸がんにならないの?

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となるすべてのHPV(ヒトパピローマウイルス)に対応するものではありません(ワクチン接種で子宮頸がんの発症を100%防ぐことはできません)。このため、20歳以降は、定期的に子宮がん検診を受けることが大切です。

Q2 なぜ、小学6年生〜高校1年生を対象にしているの?

子宮頸がんは、女性であれば誰もがかかる可能性のある病気です。HPVは主に性交渉によって感染するため、初交経験前にワクチンを接種するのが理想的であると言われています。将来の感染を予防するためにも、10歳代前半のうちにワクチンを接種しておくことが望まれます。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.