BCGの予防接種


ページ番号1007207 


BCGは、結核の予防接種です。結核は、結核菌の飛沫核感染(空気感染)および飛沫感染などによって感染します。感染者のすべてが発病するわけではなく、結核菌と免疫力との力関係により発病します。
わが国の結核患者はかなり減少しましたが、現在も毎年多くの患者が発生しています。結核に対する免疫は、お母さんからもらうことができないので、生まれたばかりの赤ちゃんも感染する可能性があります。

対象年齢

接種方法

ワクチンの副反応

接種後10日〜4週の間に、接種した部分が赤くなり、一部に小さいうみができることがあります。この反応は、接種後4週間頃にもっとも強くなりますが、その後はかさぶたができて接種後3カ月までには治り、小さな傷あとが残るだけになります。これは異常反応ではなく、BCG接種により免疫がついた証拠です。自然に治るので、包帯をしたりばんそうこうを貼ったりせず、清潔に保ってください。
接種後3カ月を過ぎても接種のあとがかさぶたにならないような場合は、接種を受けた医師に相談してください。

接種後10日以内に接種部分が赤く腫れ、化膿しているような場合は、すでに結核菌に感染している可能性があります。速やかに接種を受けた医療機関を受診してください。


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.