ジカウイルス感染症(ジカ熱)


ページ番号1007106 


ジカウイルス感染症(ジカ熱)とは

ヤブカ属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症

ジカウイルス感染症の流行国・地域

アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域で発生があります。特に、近年は中南米等で流行しています。

臨床上の特徴

症状

主として軽度の発熱(<38.5℃)、頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹、結膜炎、疲労感、倦怠感など
(一般的にデング熱、チクングニア熱より軽症だが、血小板減少などが認められる場合もあります。)

潜伏期間

2日〜12日(多くは2日〜7日)

感染経路

ウイルスに感染した媒介蚊(ヒトスジシマカやネッタイシマカ)の吸血によりヒトへ感染

治療

特効薬や予防接種はなく、対症療法が中心

流行国地域での感染予防

蚊に刺されないことが大切です。 具体的には、次のことに注意しましょう。

※妊娠及び妊娠の可能性がある人は可能な限り流行国地域への渡航を控えた方が良いといわれています。

蚊の調査について

平成26年8月、約70年ぶりにデング熱の国内感染が確認されたことに伴い、市では平成27年度から、デング熱等の感染を未然に防ぐことを目的として、市内に生息するデングウイルス等媒介蚊のウイルス保有状況について定点調査を行っています。

6月から10月までの間、毎月1回定点調査を実施し、結果を掲載します。

その他

(医療機関の人へ)デング熱・ジカウイルス感染症が疑われる患者さんへの指導のポイント

※詳細は蚊媒介感染症の診療ガイドラインについて等をご覧ください。

参考ホームページ

厚生労働省の啓発ポスター、リーフレット


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.