デングウイルス等媒介蚊の調査について


ページ番号1007092 


平成26年8月、約70年ぶりにデング熱の国内感染が確認されたことに伴い、市では平成27年度から、デング熱等の感染を未然に防ぐことを目的として、市内に生息するデングウイルス等媒介蚊のウイルス保有状況について定点調査を行っています。

6月から10月までの間、毎月1回定点調査を実施し、結果を掲載します。

定点調査場所

相模湖林間公園・相模原北公園(緑区)
淵野辺公園(中央区)
相模大野中央公園(南区)
※緑区については相模湖林間公園と相模原北公園を隔月交代で調査

調査項目

蚊のデングウイルス、チクングニアウイルス及びジカウイルス(平成28年度から実施)の保有状況

調査方法

調査結果

令和元年10月の調査結果はすべて陰性で、蚊のデングウイルス等の保有は確認されませんでした。

参考

(デング熱について)

(ジカウイルス感染症(ジカ熱)について)

(チクングニア熱について)

人囮法

[画像]人囮法の写真(132.0KB)

人に集まってくる蚊を捕虫網で8分間採集する方法


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


衛生研究所
電話:042-769-8348 ファクス:042-750-4664


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.