20歳になったら受けよう 子宮がん検診


ページ番号1019630  最終更新日 令和2年6月19日


子宮頸がんは、誰でもかかる可能性がある病気です

子宮頸がんは、子宮の入口(頸部)にできるがんで、その原因はヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)です。
性交渉の経験がある女性の多くが、一生に一度は感染するといわれており、誰でも子宮頸がんになる可能性があります。
また、子宮頸がんは、20歳代、30歳代のこれから妊娠や出産する世代に増えています。

[画像]子宮がん罹患者数のグラフ(32.1KB)

初期にはほとんど自覚症状がありません

初期の子宮頸がんは、ほとんどの場合が無症状のため、気がついた時には、がんが進行していることも少なくありません。
進行した子宮頸がんでは、症状の例として下記のものがあげられます。気になる症状があれば、必ず婦人科を受診しましょう。

がん検診で早期に発見・治療すれば、妊娠や出産も可能です

HPVに感染しても、ほとんどの場合は身体の免疫力で体内から自然に消失するため、子宮頸がんに進行することはごくわずかです。
しかし、感染が長期間持続すると、感染から平均5〜10年かけて、その一部からがんが発症することがあります。子宮頸がんに進行しやすい人の特徴などは分かっておらず、性交渉の経験数やパートナーの人数などは関係していません。
子宮頸がんは、定期的にがん検診を受けていると、がんになる前の「前がん病変」で発見することができます。「前がん病変」や「初期の子宮頸がん」で発見できれば、がんの部分だけを取り除き、子宮を残して治療できることが多いため、将来的に妊娠や出産も可能です。

[画像]HPV感染から子宮頸がん移行までの説明図(79.7KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康増進課(成人保健班)
電話:042-769-8322 ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.