特定不妊治療費助成(保険適用への円滑な移行支援分)


ページ番号1025236  最終更新日 令和4年6月14日


※令和4年3月31日までに終了した治療の助成申請受付は終了しました。

市では、不妊治療の保険適用の円滑な移行に向け、令和4年3月31日以前に開始し、令和4年4月1日以降に終了する体外受精・顕微授精(以下「特定不妊治療」)を受けられたご夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図る経過措置を講じることを目的として医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。

申請の際は、申請書類や申請方法等をよくご確認の上、ご申請ください。

令和4年4月に終了した治療に対する申請期限の特例

1.助成を受けることができる人

次の要件をすべて満たす方が対象です。

  1. 令和4年3月31日までに終了した治療の助成回数が、上限回数(6回または3回)に達していないこと。
    ※令和4年度に初めて申請する方も対象となります。
  2. 特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがないか極めて少ないと医師に診断されたこと。
  3. 自治体の指定を受けた医療機関(以下、「指定医療機関」)で特定不妊治療を終了したこと。
    ※医師の判断に基づきやむを得ず治療を中断した場合も含みます。
    ※相模原市内の指定医療機関は、「7.指定医療機関」を参照してください。
    ※相模原市外の医療機関でも、医療機関の所在する自治体において指定を受けている場合は、助成の対象となります。
    他自治体の指定医療機関は、所在の自治体のホームページもしくは次のリンク「厚生労働省ホームページ」を参照してください
  1. 特定不妊治療開始時に、法律上の婚姻関係にあること又は事実婚関係にあること。
  2. 申請時に夫婦又は夫婦のいずれか一方が、相模原市内に住所を有していること。
  3. 申請対象となる治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること。
    ※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦については、年齢要件が緩和される可能性があります。詳しくは、次のリンク「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う時限的取扱いについて」 をご確認ください。

2.助成の対象となる治療

治療ステージの詳細は、次のリンクファイル「体外受精・顕微授精の治療ステージ図」でご確認いただけます。

1.治療開始日が令和4年3月31日以前である 次のA〜Fの特定不妊治療の保険外診療分の治療

※一連の治療の中で「保険診療」を行っている場合は、助成対象外となります。
※治療方法Cの場合は、治療開始日が令和4年4月1日以降であっても、令和4年3月31日以前に行った体外受精又は顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植である場合には、対象となります。
※条件を満たす場合は、令和4年3月31日以前に作られた凍結胚による胚移植を保険診療で行うことが可能です。詳しくは治療を行う医療機関にお問い合わせください。なお、保険診療にて凍結胚移植を行った場合は、助成対象外となります。

2. 特定不妊治療(治療内容「C」を除く)に至る過程の一環として実施した次の男性不妊治療(精子回収手術)

※保険診療外の以下の手術代及び精子凍結料が対象。

次の1〜6は、助成の対象となりません。

  1. 保険診療分
  2. 先進医療の治療費
  3. 採卵に至らない場合の治療費
  4. 入院費、食事代、文書料等直接治療に関係のない費用
  5. 凍結された精子、卵子、受精胚の管理料(保存料)
  6. 神奈川県がん患者妊孕性温存治療費助成事業の助成を受けた治療費
    ※神奈川県がん患者妊孕性温存治療費助成については、次のリンク「神奈川県ホームページ」をご参照ください。 

男性不妊治療費助成の申請における注意事項

3.助成上限額および回数

助成額の上限

助成額の上限一覧表

区分

助成上限額

A:新鮮胚移植を実施

30万円

B:凍結胚移植を実施

30万円

C:令和4年3月31日までに凍結した胚を用いて胚移植を実施

10万円

D:体調不良等により移植のめどがたたず治療終了

30万円

E:受精できず、又は胚の分割停止、変性、

多精子授精などの異常授精等により中止

30万円

F:採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

10万円

※どの治療区分に該当するかは医師が判断します。申請前に治療区分を確認する場合には必ず医師にご確認ください。
※男性不妊治療を行った場合は、特定不妊治療の助成のほか、1回につき上限30万円まで助成します。(治療区分「C」の治療を行った場合は除く)

助成回数

令和4年3月31日までに開始し、令和4年4月1日から令和5年3月31日まで※の間に終了した治療1回のみ
※助成上限回数の残りが2回以上であっても、申請できるのは1回のみです。
※上記期間の間に治療が終了していたとしても、令和4年3月31日までに終了した治療の助成回数が下記の助成上限回数に達している場合は、助成対象外です。

助成上限回数 ※過去他自治体で受けた助成回数も通算されます。

※助成を受けた回数が上限に満たない場合でも妻の年齢が43歳以上で開始した治療は助成の対象外となります。(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う特例措置に該当する場合は、除きます。詳細は次のリンクをご確認ください。)

※令和4年3月31日までに終了した治療の助成回数が上限回数に達している場合でも、助成を受けた後に出産等をしている場合は、出産等の前までに受けた助成回数のリセットの手続きをすることができ、手続きにより申請することのできる回数が増える場合は、助成金の申請をすることができます。

助成回数のリセットについて

(例1)令和4年4月時点で妻の年齢が38歳で、平成29年度までに5回助成を受け、平成30年度に出産。その後令和元年度に35歳で開始した治療1回分の助成を受けている夫婦の場合。
助成回数のリセットは、平成30年度の出産日を基準とし、基準日以前である平成29年度までに受けた5回分がリセットされます。令和元年度の助成は出産後に受けたものなので、リセットはされません。
2子目の上限回数は、令和元年度に申請した治療の開始日時点の妻の年齢(35歳)を基準に決定するため、2子目の上限回数も6回となり、リセットにより助成可能回数が1回以上となるため、助成金交付申請をすることができます。
(例2)令和4年4月時点で妻の年齢が41歳で、平成29年度までに3回助成を受け、平成30年度に出産。その後令和3年度に40歳で開始した治療3回分の助成を受けている夫婦の場合。
助成回数のリセットの手続きを行った場合、2子目の上限回数は、令和3年度に申請した治療の開始日時点の妻の年齢(40歳)を基準に決定するため、2子目の上限回数も3回となります。
よって、助成回数をリセットとしたとしても令和3年度に受けている3回分の助成で2子目の助成上限回数に達しているため、新たに助成金交付申請をすることはできません。

4.申請期限

申請期限は、治療終了日から数えて60日以内(消印有効)です。

※申請期間を過ぎた治療についての申請は受け付けることができません。
※郵送で申請する場合は、差出・配達の記録が残る簡易書留や特定記録郵便などのご利用をおすすめします。普通郵便等、配達記録の残らない郵便物の不着事故などに関しては、責任を負いかねます。
※一連の治療が終了してから提出してください。
※60日目が土・日曜日、祝日等の閉庁日にあたる場合は、翌開庁日までです。

例)治療終了日=令和4年3月5日:申請期限=令和4年5月6日
上記治療終了日の60日目は5月3日(祝日)ですが、土曜日・日曜日・祝日等は閉庁日となるため翌開庁日の5月6日が申請期限となります。

※治療終了日とは、胚移植した場合は妊娠の有無を判定した日(妊娠したかどうかは問いません)、医師の判断に基づきやむを得ず治療を中断した場合は、医師がその判断をした日となります。治療終了日は医師が判断します。申請前に治療終了日を確認する場合には、必ず医師にご確認ください。
※申請期限内にすべての書類がそろえられない場合は、申請期限までに必ず窓口にて「仮受付の手続き」を行ってください。
「仮受付の手続き」を行ったうえで、用意でき次第、不足書類を提出してください。なお、審査の開始は、全ての書類が不備なく揃ってからとなります。

5.申請書類

必ず必要な提出書類

必ず必要な提出書類一覧表

 

書類名

留意点

1

相模原市特定不妊治療費助成金交付申請書(保険適用に向けた円滑な移行支援)

  • 申請ごとに作成してください。

2

相模原市特定不妊治療費助成事業受診等証明書(保険適用に向けた円滑な移行支援)

相模原市特定不妊治療費助成事業受診等証明書【男性不妊治療用】(保険適用に向けた円滑な移行支援)

  • 特定不妊治療を実施した指定医療機関が記入します。
  • 証明書作成に時間がかかる場合がありますので、本助成の申請を検討していることを医療機関に早めにご相談ください。

※「相模原市特定不妊治療費助成事業受診等証明書」では申請を受け付けることができません。

※採卵日及び凍結日の記載のない証明書では原則申請を受け付けることができません。

3

指定医療機関が発行する領収書のコピー

※保険適用外診療分のみ

※原本での提出可能。ただし、ご提出いただいた領収書は返却できません。

  • 受診等証明書に記載された治療期間及び領収金額と合致することを確認してください。
  • 男性不妊治療費助成も一緒に申請する場合は、特定不妊治療費の領収書と男性不妊治療費の領収書を分けて提出してください。
  • 領収書は、領収金額、受診(治療)年月日、発行年月日、医療機関名などが確認できるようにコピーしてください。

※領収書のみで明細(保険適用外診療分であるか、特定不妊治療にかかわる費用であるか、治療期間内のものであるか等)が不明の場合は、領収書のコピーとあわせて、治療費の明細書や請求書のコピー等を提出してください。

該当の場合のみ必要な提出書類

※発行書類は申請時点発行後3カ月以内のものをご提出ください。
※次の書類について、必ず原本でご提出ください。

※外国籍などで戸籍謄本等を発行できない事情がある方のケースは、次のリンク「よくある質問」 を参照ください。

※申請書提出後や決定通知到着後に居住場所が変わった場合は、次のリンクファイル「住所変更申立書」の提出が必要です。

提出書類一覧表
  項目

提出書類

1

夫婦ともに相模原市内に住民登録があり、同一世帯である場合

・戸籍全部事項証明書(以下「戸籍謄本」)または戸籍個人事項証明書(以下「抄本」)

※初回申請時のみ要提出

2

夫婦ともに相模原市内に住民登録があるが、別世帯である場合

・戸籍謄本または抄本

※毎申請時に要提出

3

夫婦のどちらか一方の住民登録が相模原市外にある場合

・市外に住民登録がある方の住民票

・戸籍謄本または抄本

※両書類とも毎申請時に要提出

4

事実婚関係にある場合

・両人の戸籍謄本

・市外に住民登録がある方の住民票

・事実婚関係に関する申立書

※全書類毎申請時に要提出

5

出産により助成回数をリセットする場合

・戸籍謄本

※既に助成上限回数まで申請している場合で、助成回数リセットの条件に該当する場合は要提出

6

死産により助成回数をリセットする場合

・妊娠12週以降で死産に至った事実を証明する書類

(死産届の写し、母子健康手帳の「出産の状態」ページの写し、死産証書・死胎検案書等)

※既に助成上限回数まで申請している場合で、助成回数リセットの条件に該当する場合は要提出

※確定申告や医療費控除等に関しては、税務署へお問い合わせください。

6.申請方法

窓口での提出の場合

以下の受付窓口に治療終了日から教えて60日以内に持参
受付:午前8時30分〜午後5時

郵送での提出の場合

相模原市こども家庭課へ治療終了日から60日以内に郵送(消印有効)
※差出・配達の記録が残る簡易書留や特定記録郵便などのご利用をおすすめします。
※普通郵便等、配達記録の残らない郵便物の不着事故などに関しては、責任を負いかねます。
【宛先】
〒252-5277 相模原市中央区中央2-11-15
相模原市こども家庭課 特定不妊助成担当

7.指定医療機関

相模原市の指定医療機関について

相模原市の指定医療機関は次のとおりです。

北里大学病院

不妊治療の実施に係る情報公開

ソフィアレディスクリニック

不妊治療の実施に係る情報公開

神奈川ARTクリニック

不妊治療の実施に係る情報公開

※相模原市以外の医療機関でも、医療機関の所在する自治体において指定を受けている場合は、助成の対象となります。
他自治体の指定医療機関は、所在の自治体のホームページもしくは、次のリンク「厚生労働省ホームページ」 を参照してください。

ご夫婦で取り組む今後の不妊治療

本市で実施している「妊活サポート相談」(不妊・不育専門相談)では、不妊カウンセラーや不妊症看護認定看護師といった専門の相談員が相談をお受けしています。「不妊ではないかという不安な気持ちを聞いて欲しい」「男性不妊かもしれないが、どのような治療法があるのか」「流産をくり返していて辛い」など男性、女性、夫婦そろっての相談もお受けしています。
また、不妊治療を受けながら働いている方に対する環境整備や職場での配慮についてどこに相談してよいかわからないといった事業主の方に対して、一般的な不妊治療の流れや通院期間等情報提供を行うこともできます。

不妊の原因は(1)男性不妊(2)女性不妊(3)原因がわからないなど様々であり、治療を開始するときには、今後の治療費用のこと、お互いの体調のこと、仕事との両立など、治療の継続にあたって課題も生じることから、夫婦でじっくり話し合うことがとても大切であり、同じ方向を見ることのきっかけにもなります。
治療の開始後も、今後治療をいつまで続けるのか、費用の準備はどうするか、赤ちゃんを授かった場合の今後の育児、万一赤ちゃんを授からなかったときに夫婦で過ごす生活設計など。夫婦で一緒に考え、取り組むことが大切です。

その他

不育症検査費用助成については、下記ページをご覧ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


こども家庭課(保健事業班)
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.