原爆被爆者援護


ページ番号1007588  最終更新日 平成30年1月12日


被爆者援護法は、広島市及び長崎市に投下された原子爆弾の被害者であって、原子爆弾の障害作用の影響を受け、今なお特別の状態にある被爆者に対して、生活の安定等その福祉の向上を図ることを目的としています。
被爆者援護法において「被爆者」とは、次の各号のいずれかに該当する者であって、被爆者健康手帳の交付を受けた者をいいます。

被爆者健康手帳の交付

上記1号から4号までに該当し、被爆者健康手帳の交付を受けようとする者は、その居住地の保健所等(都道府県知事あて)に、交付申請書、住民票、証明書を添えて申請できます。
審査後、認められると被爆者健康手帳が交付されます(交付日は、保健所等に提出した日になります)。

被爆者援護法に伴う各種手当

それぞれの手当を受給するためには必要な要件がありますので、必要な書類をそろえて保健所で申請手続きを行ってください。

葬祭料

被爆者が死亡した場合、葬祭を行う人に支給されます。申請には次の書類を添えてください。

相模原市で独自に行っている援護対策について

はり・きゅう・マッサージ施術費補助

市内に住所を有する被爆者で、医療保険等によらないで、はり・きゅう・マッサージ施術を受けている者のうち、はり・きゅう・マッサージ療養費助成登録台帳に登録されている者に対し、請求に基づき、月5,000円を限度として、施術費の補助を行っています。

被爆者のこどもに対する医療費補助

市内に住所を有する被爆者のこども健康診断受診証の交付を受けた者のうち、健康管理手当の対象疾病と同じ疾病にかかった者に対して、健康保険等の給付額を控除した自己負担額について、申請により医療費を支給します。


各種書類の申請窓口

緑保健センター
電話:042-775-8816 ファクス:042-775-1751

緑保健センター(津久井担当)
電話:042-780-1414 ファクス:042-784-1222

中央保健センター
電話:042-769-8233 ファクス:042-750-3066

南保健センター
電話:042-701-7708 ファクス:042-701-7716

制度に関すること

疾病対策課
電話:042-769-7200(新型コロナウイルスワクチン接種班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.