自立支援医療(育成医療)


ページ番号1007583 


自立支援医療(育成医療)とは

生まれつき、あるいは病気などで身体に障害のあるお子さんが、生活能力を得るために必要な治療を指定された医療機関で受ける場合、その費用の全部又は一部を市で公費負担する制度です。

給付申請対象者

次の条件を満たすお子さんが対象となります。

  1. 保護者が相模原市に住民登録のある18歳未満のお子さん
  2. 医療保険に加入していること、または生活保護を受けていること
  3. 指定自立支援医療機関において治療を受け、確実な治療効果が期待できるもの

対象となる障害

  1. 肢体不自由によるもの
    疾患例:先天性股関節脱臼など
  2. 視覚障害によるもの
    疾患例:斜視など
  3. 聴覚または平衡機能障害によるもの
    疾患例:耳介奇形など
  4. 音声・言語・咀嚼機能障害によるもの
    疾患例:口蓋裂など
  5. 心臓機能障害によるもの
    疾患例:手術をともなうもの、ファロー四徴症など
  6. 腎臓機能障害によるもの
    疾患例:手術をともなうものまたは慢性透析療法
  7. 小腸機能障害によるもの
    疾患例:手術をともなうものまたは中心静脈栄養法
  8. 肝臓機能障害によるもの
    疾患例:手術を伴うものまたは肝臓移植術後の抗免疫療法
  9. その他内臓障害によるもの
    疾患例:手術をともなうもの
  10. 免疫機能障害
    疾患例:HIV感染症

(注)心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸および小腸機能障害を除く内臓疾患については、先天性のものに限ります。

医療の給付

自立支援医療決定時に送付された受給者証を指定の医療機関や薬局に提示して医療給付を受けることになります。自己負担額を指定の医療機関や薬局でお支払いください。なお、自己負担額は、所得に応じて決まる「自己負担上限額」(月額)に達するまで、「医療費の1割」負担となります。

平成28年3月診療分から県内医療機関では、市の医療証との併用が可能になります。

必要な書類等

マイナンバー制度における本人確認が必要な手続です。

※保護者本人または障害者本人が申請する場合に必要なもの
個人番号が確認できるもの(個人番号通知カードなど)
本人確認ができるもの(運転免許証など)
※代理人が申請する場合に必要なもの
委任状
本人の個人番号が確認できるもの(本人の個人番号通知カードなど)
代理人の本人確認ができるもの(運転免許証など)

必要な書類は次のとおりです。

  1. 自立支援医療費(育成医療・更生医療)支給認定(変更)申請書
  2. 自立支援医療(育成医療)意見書
  3. 世帯状況調査票
  4. 世帯員分の保険証のコピー(ここでいう世帯とは受診者と同じ医療保険の加入者をいいます。)
  5. 印鑑
    ※状況によっては、他の書類提出をお願いする場合があります。

以下のような場合は急いで申請してください

寡婦(夫)控除のみなし適用について

自立支援医療費(育成医療)の自己負担上限額の決定において、「寡婦(夫)控除のみなし適用」を実施しています。
この制度は、以下の要件をすべて満たす方を対象としたものです。

女性の場合

男性の場合

みなし適用を申請する場合は、自立支援医療費における寡婦(夫)控除等のみなし適用申請書や戸籍全部事項証明書等の提出が必要となります。詳細については、こども家庭課までお問い合わせください。

申請書提出先


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


こども家庭課(保健事業班)
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.