女性のがんと健康


ページ番号1007240  最終更新日 令和3年11月1日


女性が生涯で「がん」と診断される確率は約50%、およそ2人に1人と言われています。
女性が診断されるがんのなかで、もっとも多いがんが「乳がん」です(約21%)。
特に40歳代の女性では、乳がんが約50%、次いで子宮がんと卵巣がんが合わせて約20%を占めています。
また、乳がんは30歳代前半、子宮頸がんは20歳代後半でかかる人が増加し、若い世代から発症するリスクが高いことから、妊娠・出産に影響を及ぼすこともあります。
しかし、「乳がん」「子宮がん」は、定期的ながん検診により早期に発見し、早期に適切な治療を行うことで、高い確率で治癒するがんです。特に乳がんにおいては、毎月1回のセルフチェックをすることも大切です。
※出典:がんの統計’21

[画像]早期発見した場合の10年生存率(22.6KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康増進課(成人保健班)
電話:042-769-8322 ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.