石綿含有成形板等の取扱いについて〈石綿の飛散防止に努めてください〉


ページ番号1008166 


石綿含有成形板等の特定建築材料以外の石綿含有建材を除去する際の取り扱いについて、大気汚染防止法による規制はないものの、環境省が発行する「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」において、原則として散水等により湿潤化し、解体に先行して手ばらしにて除去する等の推奨基準が定められています。
また、取り外した石綿含有産業廃棄物を処理する際は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律において、通常の産業廃棄物の保管基準・処理基準に加え、原則破砕又は切断を行わないことなどが定められています。これらの処理の基準等については、環境省で「石綿含有廃棄物等処理マニュアル」をわかりやすくとりまとめていますので、これを活用し、石綿を含有する産業廃棄物の適正な処理をお願いします。

詳細については、次のページを参考にしてください。


石綿含有成形板等の除去等に関すること(緑区の橋本・大沢地区、中央区、南区)

環境保全課
電話:042-769-8241 ファクス:042-753-9413

石綿含有成形板等の除去等に関すること(緑区の城山・津久井・相模湖・藤野地区)

津久井地域環境課
電話:042-780-1404 ファクス:042-784-7474

石綿含有産業廃棄物の処理等に関すること

廃棄物指導課(許認可班)
電話:042-769-8335 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.