相模原市地球温暖化対策計画


ページ番号1008145 


第2次相模原市地球温暖化対策計画

地球温暖化とは、二酸化炭素などの熱を吸収する性質を持つ温室効果ガスが、私たちの日常生活や事業活動などの社会的活動によって大量に排出されることにより、大気中の温室効果ガスの濃度が高まり、地球の気温が上昇する現象です。
我が国においても平均気温の上昇、暴風、台風等による被害、農作物や生態系への影響等が観測されており、今後、緩和策(温室効果ガスの排出を抑制し、地球温暖化の進行を緩和する取組)により温室効果ガスを最大限に削減したとしても、地球温暖化による影響は避けられないと言われており、緩和策と適応策(気候変動により既に現れている影響や今後避けられない影響の回避・軽減等を図る取組)を地球温暖化対策の両輪として進めていくことが必要です。
本市では、国等の動きを踏まえ地球温暖化対策を更に推進するため、令和2年3月に前計画である「相模原市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を改定するとともに、緩和策と適応策に関する計画を一体として新たに策定しました。

第3次相模原市地球温暖化対策計画(事務事業編)

市域全体の削減計画のほか、市の事務事業に伴い排出される温室効果ガスの削減に向けてより一層の取組を推進するため、前計画である「相模原市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を改定しました。

前計画に係る実施状況報告書

「相模原市地球温暖化対策推進条例」第6条第7項に基づき、実施状況報告書を公表します。

計画書の購入・閲覧について

購入

各行政資料コーナー及び公文書館にて、ご購入いただけます。

閲覧

各行政資料コーナー及び公文書館で閲覧できるほか、各図書館でも閲覧できます。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境政策課
電話:042-769-8240 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.