地球温暖化対策推進条例


ページ番号1008139 


地球温暖化は、日常生活や事業活動に伴い排出される二酸化炭素などの温室効果ガスが主な要因といわれています。このまま温暖化が進行すると、異常気象の増加や生態系・食糧生産への悪影響など、私たちの生活に深刻な問題を引き起こす可能性が高いと考えられています。
そこで、本市では、地球温暖化の防止に向けて、市・事業者・市民の果たすべき役割や基本的な取組などを定めた「相模原市地球温暖化対策推進条例」を制定しました。(平成25年4月1日施行)
地球温暖化問題の解決には、何より一人ひとりの取組が大切です。より良い環境を将来の世代に引き継ぐため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

条例・規則

※リンク先の検索から、
「相模原市地球温暖化対策推進条例」
「相模原市地球温暖化対策推進条例施行規則」
をそれぞれ検索してください。

条例の主な内容

市・事業者・市民の責務

地球温暖化対策に関する市・事業者・市民の責務を定めています。

市の責務

事業者及び市民の皆さんの責務

地球温暖化対策の推進

事業者や市民の皆さんに取り組んでいただく対策のほか、中小規模事業者の取組を促進するための制度や、電気機器・自動車を販売する際の購入者への説明などを定めています。

市の地球温暖化対策

事業者、市民、民間団体の皆さんが取り組む地球温暖化対策を促進するための措置を講じるほか、以下の取組を定めています。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境政策課
電話:042-769-8240 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.