自然環境観察員制度


ページ番号1008047 


相模原市では、市民と行政が一体となって自然環境を調査することにより、身近な自然に目を向け自然環境に対する関心を高め、環境保全意識の高揚を図るとともに、大切な自然を監視・保全していくための基礎資料を継続的に集積していくため、平成13年度から、市民ボランティアによる「自然環境観察員制度」を実施しています。

登録は市内在住、在勤又は在学の中学生以上の方を対象に、「広報さがみはら」(原則として毎年3月1日号)で募集を行います。

この制度における主な活動は、指標動植物種を対象とした「身近な生きもの調査」です。

「身近な生きもの調査」におけるこれまでの調査内容

平成13年度 調査テーマ

平成14年度 調査テーマ

平成15年度 調査テーマ

平成16年度 調査テーマ

平成17年度 調査テーマ

平成18年度 調査テーマ

平成19年度 調査テーマ

平成20年度 調査テーマ

平成21年度 調査テーマ

平成22年度 調査テーマ

平成23年度 調査テーマ

平成24年度 調査テーマ

平成25年度 調査テーマ

平成26年度 調査テーマ

平成27年度 調査テーマ

平成28年度 調査テーマ

平成29年度 調査テーマ

平成30年度 調査テーマ

令和元年度 調査テーマ

令和2年度 調査テーマ


この活動以外に、専門部会として植物調査部会・湧水調査部会・野鳥調査部会・河川生物相調査部会の4つを設けており、希望の部会に所属して調査に参加することも可能です。

詳しくは、環境政策課または環境情報センターまでお問い合わせください。


関連情報


環境政策課
電話:042-769-8240 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.