ヒナ鳥を拾わないで


ページ番号1008059  最終更新日 令和2年4月1日


4月から7月は野鳥にとっては子育てシーズンの真っ最中です。まだ飛ぶ力が十分についていない“巣立ちビナ”が地面にいるのを見かけることが多くなる季節です。巣立ちしたばかりのヒナはうまく飛べません。だから枝から枝へ移るときなどに、地面に降りたりしてしまうのです。大抵は親鳥が近くにいて様子を見守っていますので、そのままにしておきましょう。


水みどり環境課
電話:042-769-8242 ファクス:042-759-4395

緑区役所区政策課
電話:042-775-8802(総務・政策班)
電話:042-775-8852(鳥獣対策班)
ファクス:042-700-7002


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.