家庭や事業所で取り組む節電対策


ページ番号1008072 


一口に節電と言っても、家庭や事業所、また季節の違いなどにより、電力の使われ方は大きく異なります。
季節ごとの電力の使いみちや機器ごとの電力使用量などを知っておくことが、より効果的な節電対策への近道となります。また、全体の使用量を抑えるため、電力が最も多く使われる時間帯において、無理のない範囲で節電に取り組むことが大切です。

1日のうち電力が最も多く使われる時間帯
夏期 冬期
気温が上がり、冷房需要が増加する午後2時〜3時の時間帯がピークとなります 経済活動と家庭での電力使用が重なる午後5時〜7時の時間帯がピークとなります

節電に関連した補助・助成

住宅用太陽光発電システム等設置補助事業

自らが居住する住宅に太陽光発電システムを設置する方に対し、設置費の一部を補助します。

中小規模事業者省エネルギー設備等導入支援補助事業

地球温暖化対策推進条例に規定する「地球温暖化対策計画書」を市へ提出し、この計画に基づき省エネルギー設備や再生可能エネルギー利用設備を市内の事業所へ導入する中小規模事業者に対し、導入費用の一部を補助します。

都市緑化推進事業(公益財団法人相模原市まち・みどり公社)

日差しの緩和効果により建物の温度上昇を防ぐ、屋上緑化・壁面緑化に対する助成事業や手軽なヒートアイランド対策の一つであるみどりのカーテンの普及事業を行っています。

節電関連情報

エコライフの達人

エコな暮らしについて考えさせてくれるキャラクター「ECO生命体(エコライフ)」を通して、「エコなこと」や「エコでないこと」について知ることで、環境に配慮した暮らしを、楽しみながら実現するためのページです。


環境政策課
電話:042-769-8240 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.