オーラルフレイル予防に取り組みましょう


ページ番号1020623 


オーラルフレイルとは

「わずかなむせ」「食べこぼし」「発音がはっきりしない」、「噛めないものの増加」などのささいな口腔機能の低下から始まる、心身の機能低下につながる口腔機能の虚弱な状態のことです。

オーラルフレイルのリスク

オーラルフレイルは、介護リスクを高める「お口のちょっとした衰え」が積み重なった状態です。オーラルフレイルを放置すると、様々なリスクがあると言われています。

「オーラルフレイル」の人が抱えるリスク※

調査開始時の年齢、性別、BMI、慢性疾患、抑うつ傾向、認知機能、居住形態、年収や喫煙習慣などの影響を考慮した値。要介護認定、総死亡リスクでは調査開始時のフレイルも考慮した値。

※Tanaka T, Hirano H, Watanabe Y, Iijima K. et al. Oral Frailty as a Risk Factor for Physical Frailty and Mortality in Community-Dwelling Elderly. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2017.
〔神奈川県健康医療局保健医療部健康増進課「オーラルフレイルハンドブック」(平成31年3月)引用〕

※サルコペニア:高齢になるに伴い、筋肉の量が減少していく現象

オーラルフレイルの問診票※

オーラルフレイルのリスクを簡単にチェックできる問診票です。
点数の合計が3点以上で「オーラルフレイルの危険性あり」となった方は、専門的な対応が必要です。一度チェックしてみましょう。

チェック表

質問事項

はい

いいえ

半年前に比べて、堅いものが食べにくくなった

2点

0点

お茶や汁物でむせることがある

2点

0点

義歯を使用している※

2点

0点

口の乾きが気になる

1点

0点

半年前と比べて、外出が少なくなった

1点

0点

さきいか・たくあんくらいの堅さの食べ物をかむことができる

0点

1点

1日に2回以上、歯を磨く

0点

1点

1年に1回以上、歯科医院を受診している

0点

1点

※歯を失ってしまった場合は、義歯などを適切に使って、堅いものをしっかり食べることができるよう、治療を受けることが大切です。

合計点数が3点以上の方は、かかりつけ歯科医院にご相談ください

※東京大学高齢社会総合研究機構 田中友規、飯島勝矢:作表
〔神奈川県健康医療局保健医療部健康増進課「オーラルフレイルハンドブック」(平成31年3月)引用〕

口腔ケアでオーラルフレイル予防!

お口の健康を維持するには口腔ケアが重要です。この口腔ケアは、大きく分けて、2種類に分けられます。

機能的口腔ケアでオーラルフレイル予防!お口の機能を維持・改善しましょう

唾液腺マッサージ

年齢とともに、唾液が出にくくなります。唾液には、むし歯や歯周病をある程度防いでくれる効果があるため、唾液が出なくなると大変です。お口の中の潤いを保つため、唾液腺マッサージを行いましょう。

舌体操

外出自粛などで、あまり会話をしない時期が続くと、舌の動きが衰えていきます。舌の動きが衰えてくると、食べ物を飲み込んだりする機能が衰え、誤嚥(誤って気管に食べ物などが流れ込む)しやすくなるため、肺炎を起こしやすくなります。舌体操で舌の機能を維持しましょう。

顔面体操&くちびるの体操

口や頬の筋肉を鍛えることで、食べこぼしを防ぐことができます。また、表情が豊かになり、意識をはっきりさせる効果もあるといわれています。美容にも良いので、顔面体操と、くちびるの体操に取り組んでみましょう。詳しくは次のリンク(PDF)をご覧ください。

器質的口腔ケアでオーラルフレイルにつながるむし歯や歯周病を予防しましょう

歯の表面や、歯と歯肉の間にある歯周ポケットに付着したプラーク(歯垢)を、歯ブラシなどの清掃用具で取り除きます。

歯ブラシ

ナイロン毛で普通の硬さ(M)のものが良いでしょう。毛先が広がってきたら、交換する必要がありますが、1カ月たたず広がってくるようだと、みがく時の力が強すぎるため、注意しましょう。

補助的清掃用具

歯ブラシだけでは、歯と歯の間の汚れは約6割しか取り除くことができないといわれているので、補助的清掃用具(デンタルフロス、糸付きようじ、歯間ブラシ、舌ブラシなど)も併せて使用しましょう。
詳しくは次のリンク(PDF)をご覧ください。

入れ歯のお手入れをしましょう

入れ歯は、「?む」、「飲み込む」、「話す」ために大切なものですが、プラーク(歯垢)などの汚れがつきやすいため、お手入れは必ず行いましょう。入れ歯を外してから、歯をみがくだけではなく、入れ歯にもブラシをあてて汚れを落としましょう。特に、直接歯が触れる金属の部分(歯に固定する部分)は、念入りにブラシをあてましょう。
また、市販の義歯洗浄剤につけるだけでは、プラーク(歯垢)を十分取り除くことができないので、洗浄剤を利用する前には必ずブラシによる清掃を行いましょう。

よく噛んで食事をしましょう

よく噛むことは、あごや脳の発達を促したり、満腹中枢を刺激するため肥満予防にも有効だといわれています。ひと口で30回以上噛むことを意識してみましょう。

かかりつけ歯科医※1を持ちましょう

むし歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するためには、定期的に歯科医院でメインテナンス※2を受ける必要があります。
かかりつけ歯科医を持ち、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けて、お口の健康管理を始めましょう。

※1 かかりつけ歯科医:継続的に、歯・口腔の健康を管理する歯科医療機関。各個人にあわせたメインテナンスプログラムを作成し、メインテナンス等を実施する歯科医師。
※2 メインテナンス:歯・口腔の健康を長期維持するための健康管理。主に、歯科医師・歯科衛生士による専門的ケア(口の中のチェックや歯石の除去、ブラッシングの確認等)。

かかりつけ歯科医をお持ちでない方へ

関連情報提供

神奈川県からの情報提供


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康増進課(成人保健班)
電話:042-769-8322 ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.