訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について


ページ番号1015259 


平成30年10月1日より、居宅サービス計画(ケアプラン)に厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置付ける場合にあっては、その妥当性を検討し、当該ケアプランに訪問介護(生活援助中心型)が必要な理由を記載するとともに、当該ケアプランを相模原市に届け出ることが義務付けられました。
相模原市では、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、対象となるケアプランについては、ケアプラン検証会議等で訪問介護(生活援助中心型)の回数の妥当性について検証し、必要に応じて是正を促します。
ケアプラン検証会議には、担当の介護支援専門員にも参加して頂きますのでご了承ください。
取扱いの詳細については、次の通知でご確認ください。

届出書類

2 届出に係る次の書類

  1. ケアプラン(第1表〜第7表)
  2. アセスメントの結果記録
  3. 利用者の基本情報
  4. ケアプランに位置付けられた訪問介護計画書
    ※指定居宅介護支援事業所(介護支援専門員)が指定訪問介護の事業所から提供を受けたもの。

提出期限

対象となるケアプランを作成又は変更し、交付した月の翌月の末日
※末日が休日の場合はその直前の平日

提出先

相模原市保険高齢部高齢政策課指定・指導班(あじさい会館4階)
※受付時に提出書類の確認等を行いますので、事前に電話で連絡し、来庁によりご提出ください。

関連通知等


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


福祉基盤課
電話:042-769-9226(指導班)
ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.