介護保険の対象者や利用者に対する税金の控除など


ページ番号1006996 


介護保険の保険料やサービス利用料(利用者負担額など)は、税金の控除などの対象になります。

社会保険料控除(介護保険料)

介護保険料を納付した人は、年末調整や確定申告の社会保険料控除欄に前年中の納付済額を計上できます。その際、納付証明等の社会保険料控除証明書の添付は必要ありません。

なお介護保険課では毎年1月下旬に、はがきにて「納付済額のお知らせ」を発送しています。

年末調整等で早めに納付済額を知りたい場合や準確定申告に必要な場合などは、介護保険課保険料班までお問い合わせください。

担当窓口

介護保険課保険料班 電話042-769-8321

医療費控除

介護保険サービス利用料

介護保険サービスを利用して支払った費用の一部は医療費控除の対象になります。対象となるサービスは、国税庁のホームページをご覧ください。

担当窓口

おむつ代

おむつ代は、医療費控除の対象になる場合があります。初めて控除を受ける人は、医療機関で発行する「おむつ使用証明書」と「おむつ代金の領収書」が必要になります。詳しくは、国税庁のホームページをご覧ください。

控除を受けるのが2年目以降の人は、条件を満たすと市が交付する「おむつ代の医療費控除に係る確認書」でも申告できます。確認書の交付申請の前に条件を満たす必要がありますので、詳しくは介護保険課認定班までお問い合わせください。

担当窓口

介護保険課認定班 電話042-769-8342

障害者控除(要介護認定者)

65歳以上の要介護認定者で、身体の状況や認知症の度合が身体障害者手帳や療育手帳を交付される人と同程度と判断される人は、税金の障害者控除の対象になる場合があります。

担当窓口

緑高齢・障害者相談課 電話042-775-8812
中央高齢・障害者相談課 電話042-769-8349
南高齢・障害者相談課課 電話042-701-7704

水道料、公共下水道料金の減免

要介護4または5の人がいる世帯を対象に水道料、公共下水道料金の基本料金と、それにかかる消費税相当額が減免されます。

水道料について

担当窓口

相模原水道営業所、相模原南水道営業所、津久井水道営業所
お問い合わせは、神奈川県営水道お客さまコールセンターにご連絡をお願いします。

公共下水道料について

担当窓口

下水道料金課 電話042-769-8376(直通)


介護保険課(保険料班)
電話:042-769-8321
ファクス:042-769-8323

介護保険課(総務・給付班)
電話:042-707-7058
ファクス:042-769-8323

介護保険課(認定班)
電話:042-769-8342
ファクス:042-769-8323


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.