介護保険のサービスを利用するには(要介護認定の申請)


ページ番号1006981 


介護保険のサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要です。
介護保険の認定申請をされた方で、日常生活において介護や支援が必要と認められた場合、介護サービスを利用できます。

臨時的取扱いについて

本市においては、更新申請(※1)の方で、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から、面会が困難なことにより訪問調査が行えない場合、要介護認定について臨時的な取扱いをいたします。詳しくは、次のリンク先をご確認ください。

(※1)更新申請は有効期間満了の60日前から申請ができます。詳しくは下記の「要介護認定の有効期間」をご確認ください。

申請できる人

申請は、本人または家族のほかに高齢者支援センター(地域包括支援センター)、ケアマネジャーや介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院)に代行してもらうこともできます。

手続き(申請場所)

申請は次のお近くの場所で受け付けています。

なお、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から、極力郵送での申請に御協力をお願いいたします。

申請場所

 

各施設の詳細については、公共施設案内をご覧ください。

次のところに申請を代行してもらうこともできます。

居宅介護支援事業所、介護保険施設につきましては、次のリンク先から検索することができます。

申請日について

介護保険認定申請の申請日の取扱いは、申請場所に提出した日、又は郵送により届いた日となりますのでご注意ください。

申請に必要なもの

マイナンバー制度における本人確認について、ご協力をお願いします。
※マイナンバーが分からない等の場合は、未記入でも申請を受理します。

要介護認定申請から認定結果までの流れ

要介護認定の申請後、調査員が訪問して調査を行うとともに、市はかかりつけ医から意見書を取り寄せ、専門家で構成する介護認定審査会で、要介護度等(どの程度介護が必要か要支援1から要介護5までの7段階に判定)を判定し、申請者に結果を通知します。

要介護認定の有効期間

新規の要介護認定の有効期間は、最長で12カ月間ですので、有効期間が終了する前には更新申請が必要になります。更新申請は、有効期間が終了する60日前からできます。対象の人には、終了する約40日前に市から更新のお知らせをします。現在の要介護度の状態から変化があった場合は、有効期間の終了を待たずに、いつでも区分変更の申請ができます。区分変更申請の場合、認定の有効期間は、最長で12カ月間となります。

特定疾病とは

40歳から64歳までの人が申請する際には、下記の特定疾病に該当するか主治医に確認した上で申請してください。

厚生労働省の関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


介護保険課(認定班)
電話:042-769-8342
ファクス:042-769-8323


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.