「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の支給について


ページ番号1023530  最終更新日 令和3年9月25日


経緯及び制度の概要

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対しまして、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるため、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」として、1カ月当たり6〜10万円を最大3カ月間支給する国の制度が創設されました。

支給対象世帯

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

相模原市外に転出されている方は転出先の自治体にご相談ください。

緊急小口資金・総合支援資金については、市社会福祉協議会さがみはら成年後見・あんしんセンター(電話042-756-5034)にお問い合わせください。

上記の世帯に該当した上で、以下のすべてを満たしている場合

単位:円
世帯構成

市町村民税

非課税額の12分の1

(1)

生活保護

住宅扶助基準額

(2)

合計

(1)+(2)

単身 84,000 41,000 125,000
2人世帯 130,000 49,000 179,000
3人世帯 172,000 53,000 225,000

支給額(月額)

単位:円

世帯構成

月額支給額

単身

60,000

2人世帯

80,000

3人以上世帯

100,000

支給期間

最大3カ月

申請期間

令和3年7月1日から令和3年11月30日まで(当日消印有効)

申請方法

対象の方には、随時、申請書類を郵送します。
申請書類を、各区の窓口まで返送してください。(令和3年11月30日まで 当日消印有効)
申請書類到着後、20日程度で指定口座に支援金を振り込みます。

支給日予定

次のとおりの日程で指定いただいた口座に振り込みます。

※振り込み先の金融機関により翌営業日の振り込みになる場合があります。
※申請書類に不備等があった場合は、支給が遅れる場合があります。
※2回目以降は、前月支給分の求職活動を確認次第、振込手続きを行います。

申請受付・問い合わせ窓口

受付時間

平日(月曜日〜金曜日)の午前9時から午後5時まで

申請から支給までの流れ

支援の対象にならない人(世帯)へ

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の対象とならない人に、各種相談窓口を設けております。ためらわずにご相談ください。

申請様式

自立支援金に関する“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

申請内容に不明な点があった場合、相模原市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐに市の申請窓口又は警察にご連絡ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


生活福祉課
電話:042-851-3170(地域福祉推進班)
電話:042-707-7021(保護自立支援班)
ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.