失語症者向け意思疎通支援者養成講習会


ページ番号1022585  最終更新日 令和3年1月29日


失語症とは

失語症とは、脳卒中や交通事故などにより脳の言語中枢が損傷を受け、言葉が不自由となる状態のことです。話す・聞く・読む・書くなど言葉がうまく使えず、日常生活で困難を感じる場面があります。

失語症者向け意思疎通支援者の養成

失語症者が地域の一員として安心して自分らしい暮らしをすることができるように、失語症者の外出に同行したり、交通機関の利用を援助したり、当事者会(失語症友の会など)でのコミュニケーションの援助などを行うことのできる、失語症者向け意思疎通支援者の養成を行っています。
詳しくは、神奈川県ホームページ又は、神奈川県言語聴覚士会ホームページをご覧ください。

失語症者向け意思疎通支援者として活動したい人へ

次に該当する人は、意思疎通支援者として活動できます。登録する場合は、神奈川県障害福祉課までお問い合わせください。


高齢・障害者支援課
〈高齢者の事業に関すること〉電話:042-769-9249(高齢支援班)
〈重度障害者医療及び手話要約筆記派遣に関すること〉電話:042-769-8355(障害支援班)
〈認定調査及び事業所の請求に関すること〉電話:042-769-8272(障害認定・給付班)
ファクス:042-769-5708


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.