2-3 住宅の応急修理


ページ番号1016339 


令和元年東日本台風により被災した住宅の応急修理について

受付を令和2年8月31日(月曜日)で終了しました。

対象の方・対象の住宅

  1. 次の全ての要件を満たす者(世帯)が対象となります。
  2. 半壊又は一部損壊(準半壊に限る。)の場合は、1に加え、自らの資力では、応急修理をすることができない者(世帯)であること。

応急修理の範囲

日常生活に必要で欠くことのできない部分及び破損個所の応急修理であって、次の4項目について、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所において実施します。

  1. 屋根等の基本部分
  2. ドア等の開口部
  3. 上下水道等の配管、配線
  4. トイレ等の衛生設備等

応急修理の限度額

  1. 大規模半壊又は半壊の場合:1世帯当たり59万5,000円(消費税込)以内
  2. 一部損壊(準半壊に限る。)の場合:1世帯当たり30万円(消費税込)以内

注意事項

 詳しくは、「(別紙)応急修理に係る工事例・注意点」をご参照ください

様式ダウンロード

被災住宅の応急修理業者の皆様へ


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


建築・住まい政策課(住宅政策班)
電話:042-769-9817 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.