宅地防災について


ページ番号1008821 


宅地防災について

近年、全国各地において、地震や集中豪雨などの自然災害が頻発し、がけ崩れなどにより、宅地に甚大な被害が及んでいます。
宅地防災とは、建物の敷地(宅地)を災害から守るということです。
そして、宅地の所有者は、宅地を常に安全な状態に維持するよう努めなければなりません。

宅地の安全性について

擁壁には様々な種類があります。
空石積み擁壁、増積み擁壁、2段擁壁、張出し床板付き擁壁などは、本来、擁壁としては適さないものです。
また、ヒビや膨らみなども、危険の兆候の可能性があります。
国土交通省ホームページで紹介されている「我が家の擁壁チェックシート(案)」などを活用し、宅地をチェックしてみましょう。

宅地についての相談窓口

宅地の安全性に不安がある場合などは専門家への相談が有効です。次の相談窓口や建築士などへご相談ください。

一般社団法人 地盤品質判定士会 神奈川支部

 


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


開発調整課
電話:042-769-8250 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.