旧耐震基準の分譲マンションの地震対策を支援します


ページ番号1008818 


大規模地震はいつどこで発生してもおかしくない状況にあるといわれており、地震による人的・経済的被害を軽減するためには住宅・建築物の耐震化を進める必要があります。
本市では、既存分譲マンションについて耐震診断から改修工事まで一貫した補助制度を創設し、耐震化の促進に努めています。これらを利用して耐震診断・耐震改修工事を実施して頂くことにより、建物の安全に対する市民の意識の向上を図り、もって災害に強い安全なまちづくりを推進していきます。

各制度の詳しい内容

既存分譲マンション耐震巡回相談(無料)

詳しくは次のページをご覧ください。

相模原市マンション耐震診断補助制度

既存分譲マンションの耐震診断に係る費用について、費用の一部を補助します。

対象

  1. 市の耐震巡回相談を受け、耐震診断を行うことの決議書を得ているもの
  2. 昭和56(1981)年5月31日以前に建築確認を得て、工事に着手したもの
  3. 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨造のもの

補助額

分譲マンション耐震改修補助制度

既存分譲マンションの耐震改修計画作成に係る費用および、耐震改修工事に係る費用について費用の一部を助成します。

対象

補助対象部分

耐震改修計画作成費用補助額

作成に要する費用の3分の2以内の額で、一住戸につき、5万円を限度とする。(ただし、相模原市の予算の範囲内)

耐震改修工事費用補助額


関連情報


建築・住まい政策課(耐震推進班)
電話:042-769-8252 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.