土砂災害ハザードマップ


ページ番号1013027  最終更新日 令和4年9月1日


土砂災害ハザードマップとは、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域を地図上に表示したものです。日ごろから土砂災害のおそれのある場所や避難場所などを確認し、災害時の避難行動に役立ててください。

土砂災害警戒区域等の確認について

土砂災害ハザードマップは、神奈川県から土砂災害(特別)警戒区域データの提供を受けて作成したものです。土砂災害警戒区域等の詳細については、神奈川県土砂災害情報ポータルの「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県厚木土木事務所津久井治水センター(042-784-1111)にお問い合わせください。

土砂災害ハザードマップの内容

土砂災害ハザードマップのダウンロード

緑区橋本地区・大沢地区

緑区城山地区

緑区津久井地区

緑区相模湖地区

緑区藤野地区

中央区

南区

令和4年8月16日に土砂災害(特別)警戒区域の指定の解除及び指定がありました。(磯部4)
現在、ハザードマップには反映されておりませんので、神奈川県土砂災害情報ポータルの「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県厚木土木事務所津久井治水センター(042-784-1111)にお問い合わせください。

令和元年東日本台風で発生した土砂災害

令和元年東日本台風では、市内で土砂災害が多数発生しました。そのうち約8割は、土砂災害警戒区域やその周辺で発生しておりますので、ハザードマップを活用し、日ごろから土砂災害のおそれのある場所を確認してください。

山地災害危険地区

山地災害危険地区とは、林野庁が定める「山地災害危険地区調査要領」に基づいて、地形や地質等の要因により、山地災害で人家や公共施設等に被害を与えるおそれがある箇所を調査把握し、山地災害の形態によって、「山腹崩壊危険地区」「崩壊土砂流出危険地区」「地すべり危険地区」の3種類に区分し、神奈川県が設定したものです。
なお、山地災害危険地区は、法律に基づく指定ではないため、法的な規制はありません。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.