洪水ハザードマップ


ページ番号1008692 


相模原市でも、台風や集中豪雨により床上・床下浸水などの被害が発生しています。

平成20年8月末の集中豪雨や令和元年東日本台風では、市内を流れる河川から水があふれ出し、床上・床下浸水などの被害が発生しました。
大雨によって万が一、河川がはん濫した場合に、皆様の地域の浸水するおそれの範囲や、避難場所はどこかなど、大雨時の避難行動に役立てる資料として洪水ハザードマップを作成しました。

洪水ハザードマップとは

洪水ハザードマップは、大雨によって万が一、河川がはん濫した場合に、皆様の地域でどの範囲がどれだけ浸水するおそれがあるのか、またその場合の避難場所はどこかをお知らせするための地図です。

神奈川県が作成した浸水想定区域図を基に、相模川(小倉橋付近から下流)、境川(川上橋付近から下流)、鳩川(千年橋付近から下流)、道保川(古山暗渠付近から下流)、串川(根無沢合流点から下流)、道志川(山梨県界から下流)がはん濫した場合の相模原市域の状況を想定して、浸水の範囲とその程度を示しています。

この洪水ハザードマップを利用して、もしもの場合に備えて、水害から身を守るために日頃から家庭や地域で話し合い、避難経路の確認など安全な避難行動に役立ててください。

洪水ハザードマップの内容

相模川・境川・鳩川・道保川編

串川・道志川編

ダウンロード

相模川・境川・鳩川・道保川編

A3印刷用

A4印刷用

串川・道志川編

洪水ハザードマップ(串川・道志川)修正箇所

洪水浸水想定区域図

洪水ハザードマップは、水防法の規定により、神奈川県が公表した「計画降雨による洪水浸水想定区域」を基に作成しています。
洪水ハザードマップに掲載している河川のうち、相模川については、「計画降雨(150年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」の他に、神奈川県により平成29年3月31日に「想定し得る最大規模の降雨(1,000年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」も指定・公表されました。
また、境川については、「計画降雨(100年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」の他に、神奈川県により平成30年1月26日に「想定し得る最大規模の降雨(1,000年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」も指定・公表されました。さらに、鳩川・道保川については、平成30年12月21日に、串川・道志川については、令和元年8月30日に「計画降雨(30年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」の他に、神奈川県により「想定し得る最大規模の降雨(1,000年に1回程度発生すると想定される大雨)による洪水浸水想定区域」も指定・公表されました。

詳細については、神奈川県ホームページをご確認ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.