薪、木炭等の燃焼により生じる灰の利用について


ページ番号1014097 


薪などに放射性物質が含まれている場合は、灰になると濃縮されることが知られています。
薪及び木炭等の燃焼によって生じた灰は、放射性物質が含まれている可能性がありますので、食品の加工及び調理に使用しないようにしてください。
また、肥料・土壌改良資材・培土及び飼料として使用する場合も農林水産省で設定している暫定許容量を下回っていることを確認してください。
詳細は、下記リンク先をご確認ください。


津久井地域経済課
電話:042-780-1401(農林業振興班)
電話:042-780-5270(整備・維持補修班、農地災害復旧班)
ファクス:042-784-7474


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.