市内小学校の土壌放射能濃度のサンプリング調査結果について


ページ番号1009818  最終更新日 平成30年1月12日


相模原市教育委員会では、サンプリング調査として、平成23年10月12日(水曜日)に東林小学校の校庭及び中庭の土壌を採取し、放射能濃度を測定しました。
測定結果等については、特別な対応を必要とする数値ではないと考えております。

土壌放射能濃度のサンプリング調査結果
採取箇所 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 セシウム合計

校庭

不検出(3.9未満)

53.5(3.5未満)

67.3(3.9未満)

121

中庭

不検出(3.4未満)

7.4(3.8未満)

8.4(4.0未満)

15.8

(注)「不検出」とは、放射能濃度が「検出下限値」に満たない(検出できない)ことを表します。表中の括弧内数値は、「検出下限値」を示すものです。
セシウム合計の数値は、4桁目を四捨五入した、有効数値(上位)3桁で表示しています。

(参考)土壌の放射能濃度等については、現在、基準値が定められておりませんが、参考となる上限値等として次のものがあります。
土壌等放射能濃度


学校保健課(保健班)
電話:042-851-3106 ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.