子ども関連施設の放射線量の点検及び清掃について(平成24年12月26日更新)


ページ番号1009794 


本市では、福島第一原子力発電所の事故以来、市民の皆さまの安全・安心の確保を図るため、空間放射線量の測定・監視をはじめ、土壌及び給食食材の放射性物質濃度の測定、砂場の砂の入替など様々な対応を図ってきました。
こうした中で、平成23年10月から12月には、子ども関連施設において局所的に他の場所よりも放射線量が高くなる傾向にある場所について放射線量を測定するとともに、放射性物質を多く含む可能性のある土砂等の除去・清掃等を実施しました。
その後約1年が経過することから、現状を確認するため、次のとおり子ども関連施設の放射線量の点検を行い、全ての施設で点検が終了しましたので、結果についてお知らせします。

測定方法等

点検施設・箇所(すべて市立の施設)
施設 所管課 実施期間 測定施設数 測定箇所数
公園 公園課
津久井環境課
10月29日〜12月21日 574 3,138
小・中学校 学校保健課
学校施設課
10月26日〜12月6日 109 411
こどもセンター、
児童館等
こども・若者支援課 11月20日〜12月7日 105 380
保育所・幼稚園等 保育課 10月26日〜11月30日 30 229
市営住宅内
児童遊園
住宅課 11月9日〜11月13日 15 52
キャンプ場等 商業観光課 11月13日 3 66
陽光園 陽光園 10月31日 1 6
合計

-

-

837 4,282

点検結果

837施設4,282箇所のうち5施設5箇所で市の暫定基準値(0.23μSv/h)を超えましたが、清掃等を行い、すべての箇所で暫定基準値以下となっています。
なお、平成23年度は51施設92箇所(公園28施設50箇所、小中学校23施設42箇所)で暫定基準値を超えましたが、平成24年度は大幅に減少しています。

今後の対応

市の暫定基準値を超えた箇所は大幅に減少しましたが、雨樋下など局所的に他の場所よりも放射線量が高くなる傾向にある箇所については、暫定基準値以下でも数値の変動が見られる箇所もあるため、引き続き、効率的・効果的な方法により、監視・点検を行います。

参考

平成23年度に地上5cmで0.23μSv/hを超えた箇所の平成24年度の測定結果


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


公園について

公園課
電話:042-769-8243 ファクス:042-759-4395

城山・津久井・相模湖・藤野地区の公園について

津久井地域環境課
電話:042-780-1404 ファクス:042-784-7474

こどもセンター、児童館等について

こども・若者支援課
電話:042-769-9227 ファクス:042-754-5112

保育所、幼稚園について

保育課(施設運営班)
電話:042-769-8313 ファクス:042-759-4395

陽光園について

陽光園
電話:042-756-8410 ファクス:042-769-3706
電話:042-756-8419(医療型児童発達支援センターひだまり) ファクス:042-769-3706 ※旧第二陽光園
電話:042-756-8411(発達障害支援センター) ファクス:042-756-3360

キャンプ場等について

観光・シティプロモーション課
電話:042-769-8236(観光振興班)
電話:042-707-7045(シティプロモーション班)
ファクス:042-753-7831(観光振興班)
ファクス:042-815-2340(シティプロモーション班)

市営住宅内児童遊園について

市営住宅課
電話:042-769-8256 ファクス:042-751-9674

小学校・中学校について

学校保健課(保健班)
電話:042-851-3106 ファクス:042-758-9036

その他の事項について

危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.