水防法及び土砂災害防止法に規定する要配慮者利用施設について


ページ番号1014872 


「水防法」及び「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(以下、土砂災害防止法)」の規定では、「浸水想定区域」及び「土砂災害警戒区域」内に所在する「要配慮者利用施設」は、洪水時等における円滑かつ迅速な避難の確保を図るため、水害に備えた対応が必要となります。

1.制度の概要について

「水防法」及び「土砂災害防止法」により「相模原市地域防災計画」にその名称及び所在地が定められた「要配慮者利用施設」は、避難確保計画の作成及び市への報告、避難訓練の実施が必要とされています。

2.要配慮者利用施設の範囲について

社会福祉施設、学校及び医療施設など防災上の配慮が必要となる要配慮者利用施設の範囲は次のとおりです。

相模原市地域防災計画に名称及び所在地が定められた要配慮者利用施設は、相模原市地域防災計画資料編の「水防法及び土砂災害防止法に基づき名称及び所在地を定める施設」にてご確認ください。

3.浸水想定区域及び土砂災害警戒区域について

浸水想定区域及び土砂災害警戒区域は、次のページをご確認ください。

4.避難確保計画の作成について

避難確保計画の作成について、ひな形を使用し、網掛けの箇所を記載することで作成することができます。

5.市への報告について

避難確保計画は作成後、市へ報告してください。次の4つの提出物が必要です。

  1. 避難確保計画
  2. 避難確保計画にかかるチェックリスト
  3. 避難確保計画作成(変更)報告書
  4. 連絡先等(変更)届出書
     

市への報告先は、「要配慮者利用施設の避難確保計画作成マニュアル」の3ページ及び4ページの「7.計画の報告」にて確認してください。

6.避難確保計画に基づく訓練について

避難確保計画に基づき、訓練を行ってください。訓練実施後、報告書を作成し、避難確保計画を報告した担当課へ提出してください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.