道路交通法が改正され、「あおり運転(妨害運転)罪」が創設されました


ページ番号1017508 


道路交通法が改正され(令和2年6月30日施行)、いわゆる「あおり運転」は「妨害運転」と規定され、「妨害運転(あおり運転)罪」が創設されました。

「あおり運転(妨害運転)」は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。

「あおり運転」(妨害運転)とは

[画像]チラシの画像(264.2KB)

「あおり運転」は、次の10の類型に分けられ、他の車両等に対し、妨害する目的で以下の違反行為を行うと、「あおり運転」(妨害運転)として罰せられます。

「あおり運転」(妨害運転)に対する罰則

(1)妨害運転(交通の危険のおそれ)

他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反(※10類型の違反)行為であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした場合。

(2)妨害運転(著しい交通の危険)

(1)の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。

もしも「あおり運転」(妨害運転)に遭遇してしまったら

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは、主に自動車事故発生時の状況記録を目的に設置され、フロントガラスやダッシュボードに取り付けたビデオカメラで車外または車内外の状況を記録するもので、映像に加えて、音声や加速度、GPSに基づいた現在位置などを併せて記録できるものもあります。

ドライブレコーダーのメリット

現場の状況を映像で正確に確認することが出来るので、万が一事故が発生した場合に、事故後の様々な手続きをスムーズに進められるだけでなく、自分の証言を裏付けることもできます。

また、記録した映像を見ることで、自分の運転のくせや注意点を客観的に確認でき、自分の運転を見直すことが出来ます。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


交通・地域安全課
電話:042-769-8229 ファクス:042-757-2941


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.