道路交通法が改正され、携帯電話使用等の罰則が強化されました


ページ番号1008476 


携帯電話などの使用による「ながら運転」が厳罰化!

令和元年12月1日より、自動車等を運転する際の携帯電話などの使用による「ながら運転」の「罰則」「違反点」「反則金」が次のとおり大幅に引き上げられました。
携帯電話などの使用や画面の注視が原因となる交通事故が増加しております。
「ながら運転」は危険な行為です。絶対にやめましょう。

1 携帯電話などを手に持って通話や画面を注視した場合

改正内容一覧

改正前

改正後

罰則

5万円以下の罰金

6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金

違反点

1点

3点

反則金

7,000円(大型)

6,000円(普通)

6,000円(二輪)

5,000円(原付)

25,000円(大型)

18,000円(普通)

15,000円(二輪)

12,000円(原付)

2 携帯電話などの使用や画面の注視によって、事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合

改正内容一覧

改正前

改正後

罰則

3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

違反点

2点

6点

反則金

12,000円(大型)

9,000円(普通)

7,000円(二輪)

6,000円(原付)

すべて罰則を適用


交通・地域安全課
電話:042-769-8229 ファクス:042-757-2941


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.