相模原市公園施設長寿命化計画


ページ番号1003543  最終更新日 平成30年1月12日


本市の都市公園は、設置から30年以上経過したものが現時点で約3割を占め、10年後には約7割に達する見込みとなっております。このような状況の中で、財政上の理由などから今後の適切な維持補修、又は更新が困難となり、公園施設の利用禁止、撤去といった事態につながりかねないなど、公園施設の老朽化は、安全で快適な利用を確保するという都市公園本来の機能の発揮に関わる根幹的な問題となっています。
このような問題は全国的な課題となっており、国土交通省は、平成24年4月18日に地方公共団体による公園施設の計画的な維持管理の取組を支援するため、「公園施設長寿命化計画策定指針(案)」を作成しました。
こうした状況を踏まえ、市が管理する公園施設について、老朽化に対する安全性の確保や機能の維持、維持管理に係る予算の縮減及び平準化を図ることを目的として「相模原市公園施設長寿命化計画」を策定しました。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


公園課
電話:042-769-8243 ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.