多摩美術大学絵画学科版画専攻4年有志校外展「動き出す背景」関連トークイベント「拡張する展覧会の土台、またその動向について」


ページ番号1018351  最終更新日 令和1年12月26日


イベントカテゴリ: 文化・芸術展示会

開催エリア:緑区


近年、家屋や廃ビル、古民家などホワイト・キューブではない場所で作家や美術団体が様々な企画展示を行なっていますが、彼らは何故そのような環境を展示室として利用しているのでしょうか?
このトークイベントでは、本展参加メンバーがモデルルームを展示室に選んだ理由や、そこで展示を行う意味について語ります。

集合住宅を改装したギャラリーや元店舗などの場所で展示を企画し行っている「春のカド」からお二人をゲストに迎え、本展参加メンバーとそのような展覧会にまつわる話や現在の動向、「春のカド」での取り組みなどを伺いながら、そのような特殊な展示環境について掘り下げていきます。

春のカド


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


アートラボはしもと
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.