まち×ラボワークショップ「山寺の柳田國男にネギとカボチャを届けよう!」


ページ番号1017969  最終更新日 令和1年11月16日


イベントカテゴリ: 子ども・子育て体験・学習

開催エリア:緑区


[画像]チラシ画像(70.9KB)

「まち×ラボ」は、さまざまなフィールドで活躍する専門家とアートラボはしもとが協力してプログラムを企画し、アートを切り口とした市民の交流と地域の活性化を目指す取り組みです。
今回は、相模湖にある古家カフェ&ギャラリー「たねまめ」と、地域の古刹「正覚寺」などを会場として開催される「たねまめマルシェ2019」に参加し、地域の歴史を題材とした出張ワークショップを行います。
正覚寺は、大正7年に民俗学者の柳田國男が日本初の民俗調査を行った際、10日間正覚寺に滞在し、その間朝夕の食事に毎回ネギとカボチャが出されたことから「山寺や 葱と南瓜の 十日間」という俳句をのこしたことで知られるお寺です。それから正覚寺の境内には多くの句碑が建てられ、「俳句寺」と呼ばれるようになりました。
このことにちなんで、今回のワークショップでは、新聞紙や和紙を使ってネギやカボチャをつくります。それを正覚寺にいる柳田翁に届けると、ごほうびに鎌倉建長寺直伝の温かいけんちん汁がもらえます。
豊かな自然を満喫しながら親子でも楽しめるワークショップです。ぜひご参加ください!

[画像]チラシ画像(67.6KB)

※「たねまめマルシェ2019」の詳細は次のホームページをご覧ください。

[画像]会場マップ(60.2KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


アートラボはしもと
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.