SUPER OPEN STUDIO 2019(スーパーオープンスタジオ2019)


ページ番号1017612  最終更新日 令和1年11月6日


イベントカテゴリ: 文化・芸術展示会

開催エリア:緑区


[画像]イメージ画像(123.1KB)

「SUPER OPEN STUDIO」は、その名の通り、アーティストのスタジオ(制作場所)をオープン(公開)することに主軸をおいたアート・プロジェクトです。
本プロジェクトは、2013 年に相模原市が運営する〈アートラボはしもと〉の主催事業として活動を始め、それから 2 年の間に参加するスタジオやアーティスト同士の関係性が少しずつ構築されてきました。その成果のひとつとして、2015 年からはアーティストによる運営団体〈Super Open Studio NETWORK〉が主体となって活動することとなりました。2018 年はさらに一歩進み、〈Super Open Studio NETWORK〉と〈アートラボはしもと〉によって〈SUPER OPEN STUDIO 2018 実行委員会〉を組織し、これまでのアーティスト主導による運営という前提は変わらずに、さらなる運営体制の強化を行いました。本年は、〈SUPER OPEN STUDIO 2019 実行委員会〉に加え、ディレクターを例年の1人体制から6人体制へと変更して、より多角的に活動を展開しています。
「SUPER OPEN STUDIO」の舞台となる相模原市と町田市・八王子市の一部エリアには、 女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学などの美術系大学が所在しています。それらを卒業・修了した多くのアーティストがこの地に留まり、倉庫や廃工場を改築したスタジオを構えて作品制作を続けています。その数はスタジオ数で 20 軒以上。所属アーティストの数では 100 人以上にもなります。つまり、この地域は国内最大級の「アートの生産地」 と言うことができるのです。
開催期間中、各スタジオでは作品展示や公開制作など、それぞれの特色を活かしたプログラムが実施されています。また、会場のひとつとなる〈アートラボはしもと〉では、複数名のアーティストがそれぞれ企画した展覧会を開催するほか、バスツアーやトークショー、ワークショップなども行われます。
「SUPER OPEN STUDIO」を通して、作品が生み出されていく現場の空気を体感するとともに、アーティストとの出会いや語らいなどを、どうぞお楽しみください。

開催概要

[画像]開催日一覧表(50.4KB)

参加スタジオ

pimp studio、LUCKY HAPPY STUDIO、STUDIO ISSEI / ゲルオルタナ、studio kelcova、相原スタジオ、STACK ROOM、アトリエボイス、RED IRON STUDIO、LION、モゲスタ Moge Studio、クンストハウス、ESA、STUDIO 牛小屋、REV、TANA Studio、アトリエ 481、STUDIO VOLTA、STUDIO カタクリコ、RMP、Bartleby、studio ban、SPECIAL FEELING STUDIO、RANZANSTUDIO

SOMETHINKS(展覧会)

アイム ア ダミー

[画像]作品の画像(1.7KB)

父のアルバム

[画像]作品の画像(111.1KB)

ラブ・バトル

[画像]作品の画像(71.6KB)

grove

[画像]作品の画像(73.4KB)

island

[画像]作品の画像(79.1KB)

ゲリバラ安全振興会

[画像]作品の画像(31.3KB)

立ちかた

[画像]作品の画像(76.8KB)

Compost Paintings

[画像]作品の画像(177.1KB)

政治家のモデルルーム(部屋)「政治とアートNo.1〈公共性〉」

[画像]作品の画像(84.1KB)

パレットと線

[画像]作品の画像(85.4KB)

Some or Same

[画像]作品の画像(71.6KB)

ジャンクション

[画像]作品の画像(132.1KB)

スタジオビジット・バスツアー


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


アートラボはしもと
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.