新型コロナウイルス感染症により影響を受けている文化芸術に携わる方々への支援情報


ページ番号1020234 


新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、文化芸術関係の展覧会・公演・イベント等が中止・延期となり、日頃文化芸術の分野で活動されている方々の創作や発信の場が失われています。
そのような中で、本市のほか国や県も様々な支援策を打ち出していますので、文化芸術関係の活動をされる方々にもご活用いただけそうな支援策をご紹介します。なお、活用条件の詳細については、各窓口へお問い合わせください。

本市の支援策

新型コロナウイルス感染拡大により、大きな影響を受けている市内の小規模事業者(個人事業者含む)の事業継続を支援するため、相模原市小規模事業者臨時給付金を支給します。また、市内で操業する中小企業等(NPO法人等も可)の事業活動に必要な資金の融資を、市と金融機関が協力して行い、市が利子の一部を負担することで、比較的低利な融資が受けられます(利子補給制度)。

国の支援策

国では感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給しています。フリーランスを含む個人事業者の方も対象となります。

県の支援策

神奈川県では感染症の拡大を防止するため、県の要請等に協力された事業者や個人事業主等に対し、協力金を交付しています。協力金の第1弾では、県の要請や依頼に応じた場合に交付の対象となっていましたが、第2弾では県からの要請がなくとも、感染症の拡大防止を図る観点から「密閉・密集・密接」の3密を避けるため、自主的に協力され休業した方についても、新たに交付対象となりました。

その他の支援策

社会福祉法人相模原市社会福祉協議会では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴う休業や失業等により、生活にお困りの世帯を対象とした、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。また、株式会社日本政策金融公庫では、一時的に業況悪化を来している方を対象とした新型コロナウイルス感染症特別貸付を行っています。


文化振興課
電話:042-769-8202 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.