相模の大凧 勝坂大凧保存会青年部による2間凧の製作〜凧揚げ動画(伝統芸能・文化)


ページ番号1022804  最終更新日 令和3年3月8日


[画像]大凧を上げようとしている写真(49.2KB)

相模の大凧まつりは、天保年間(1830年頃)から受け継がれてきた相模原市の伝統行事の一つで、毎年5月に開催されており、新磯地区の4つの大凧保存会(新戸、上磯部、下磯部、勝坂)で製作した大凧が青空高く舞い上がります。特に、新戸地区の大凧は、8間(約14.5メートル四方)で日本一の大きさを誇ります。

残念ながら昨年に続き、令和3年5月に開催予定でした「大凧まつり」も、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となってしまい、ピーアールの機会がなくなってしまいました。
そこで、来年5月開催の大凧まつりのピーアールと合わせ、コロナの影響をうける中、「少しでも地域のためになることがしたい!」と考えた若者が、大凧の製作〜凧揚げに取り組む動画を制作したものです。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


文化振興課
電話:042-769-8202 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.