踰−ヴァイオリンとピアノのための(2020)(音楽)


ページ番号1022801  最終更新日 令和3年3月8日


[画像]ヴァイオリンを弾いている写真(48.6KB)

中川峻彰:踰 –ヴァイオリンとピアノのための(2020)
Takaaki NAKAGAWA:Surmounting for Violin and piano(2020)

撮影・編集: 入船陽介

中川理子
東京音楽大学付属高等学校・東京音楽大学卒業。プラハ芸術アカデミー室内楽科にチェコ政府奨学金を得て在学中。相模原音楽家連盟会員。

青木萌衣
東京音楽大学付属高等学校卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コース4年在学中。(3月に卒業予定)2020年度東京音楽大学給費奨学生。

曲のタイトルである「踰」は「こえ」と読み、「何らかの境界をまたぐ/こえる」という意味を持つ。ここではないどこかへ向かって踰えていける、そんな心の“強さ”にフォーカスを当てて書かれた。中川峻彰さんとは大学時代の友人で、彩り鮮やかな曲を書く彼にぜひヴァイオリンとピアノのための作品を創って頂きたく委嘱をお願いした次第である。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


文化振興課
電話:042-769-8202 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.