消防・救急・防災・交通安全 よくある質問


ページ番号1001902 


質問

溺れた人に対する応急手当の方法について知りたい。

回答

溺れて意識がない人に対する応急手当

注意

現在、新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、心肺蘇生の手順が一部変更されております。成人の心肺蘇生については、人工呼吸を行わず、胸骨圧迫(AEDを含む。)のみの実施となります。その際、エアロゾル(ウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気)の飛散を防ぐため、胸骨圧迫を開始する前に、ハンカチやタオルあれば傷病者の鼻と口にかぶせるようにしてください。また子どもについては、心停止の原因として呼吸障害が多く、人工呼吸の必要性が高いことから救命講習等を受講している場合には、人工呼吸の技術と意思があれば、胸骨圧迫と人工呼吸を実施するようにしてください。

溺れた人に呼気を吹き込んだ時、水を吐いた場合の応急手当


最終更新日: 2021年7月6日


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


救急課
電話:042-751-9142 ファクス:042-786-2472


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.