子育て よくある質問


ページ番号1001206 


質問

妊婦健康診査費用補助券が使えなかったのですが。

回答

妊婦健康診査費用補助券の使用期間は、母子健康手帳交付日から出産前までです。 また、妊娠判定検査には補助券を使用することができません。 妊婦健康診査費用補助券が使用できなかった理由として、次のようなことなどが考えられます。

これらの場合は一旦費用を自己負担していただき、後日市へ「妊婦健康診査助成金」の交付申請をしてください。
(注)補助券の使用できる医療機関において、券を提出せず受診した場合は、後日市に請求することができません。使用できるかを必ず受診前に各医療機関にお尋ねください。
(注)使用できない医療機関と判明した場合は、2度目以降は医療機関への提出は不要です。

妊婦健康診査助成金の交付申請方法

窓口での申請と郵送での申請ができます。
申請ごとに申請書と添付書類が必要となりますので、出産後まとめての申請をお勧めします。
※この制度は医療機関等で妊婦健康診査費用補助券が利用できなかった場合の助成制度です。妊婦健康診査及び検査以外の費用、補助券を利用した場合の自己負担分や補助回数を超えた健診費用、保険適用の健診費用、文書料、各種教室代等については助成の対象となりません。

申請期限

受診日から出産児の1歳の誕生日前日まで

必要なもの(窓口での申請)

申請窓口

各子育て支援センターへご持参ください。

窓口へお越しになるのが困難な場合(郵送での申請)

「妊婦健康診査助成金交付申請書兼報告書」をホームページからダウンロード、または各子育て支援センターの窓口で入手し記入、押印の上、下記の添付書類をもれなく封筒に入れてこども家庭課まで郵送してください。審査をして、補助金額を決定し、請求書を送付します。

※助成額確定後にこちらから送付する請求書に、申請書と同じ印鑑を再度押印していただきますので、使用する印をお忘れにならないようにお願いします。

※申請書の郵送を希望の人は、こども家庭課にご相談ください。

添付書類
宛先

〒252-5277 相模原市中央区中央2-11-15
相模原市こども家庭課 「妊健助成申請」担当


関連ページ


最終更新日: 2020年7月2日


こども家庭課(保健事業班)
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.