国民健康保険・年金 よくある質問


ページ番号1000865 


質問

【年金・給付】国民年金(老齢基礎年金)受給の手続きについて知りたい。

回答

老齢基礎年金を受給するには、原則として、保険料を納めた期間等を合計して10年以上必要です。また、老齢基礎年金の支給開始は65歳ですが、受給期間を満たしていれば、希望により65歳になる前でも減額された額で年金を受けること(繰上げ請求)や、令和4年3月31日時点で、次の(1)(2)のいずれかに該当する人は、66歳から75歳までの間に、増額された年金を受けること(繰下げ請求)ができます。
(1)70歳未満の人(昭和27年4月2日以降生まれの人)
(2)受給権を取得した日から起算して5年を経過していない人(受給権発生日が平成29年4月1日以降の人)
※(1)(2)に該当しない人は66歳から70歳までの間に繰下げて増額された年金を受け取ることができます。

年金を受給していない人の請求について

請求者の年金加入歴により異なります。

国民年金第1号被保険者期間のみの人

厚生年金保険の加入期間・第3号被保険者期間がある人

(注)第3号被保険者とは、第2号被保険者(厚生年金や共済年金に加入している人)に扶養されている配偶者のことです。

請求手続きの時期

満65歳の誕生日の前日以降に請求手続きをしてください。(繰上げ・繰下げ請求される人は除く)

必要な書類

必要な書類は各々違いますので、請求する前にあらかじめ請求先へご確認ください。

注意事項

厚生年金や共済年金の受給者が65歳に到達した時の請求について

厚生年金(共済年金)を受給している人が65歳に到達した場合には、誕生月に日本年金機構より届く「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」(年金請求書(ハガキ))に記入をしたうえで、日本年金機構に返送する手続きが必要となります。

提出書類

国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書(年金請求書(ハガキ))

提出方法

記入したハガキに切手を貼付のうえ、日本年金機構へ郵送をお願いします。

注意事項


関連ページ


最終更新日: 2022年4月1日


国保年金課(年金班)
電話:042-769-8228
ファクス:042-769-8751


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.