国民健康保険・年金 よくある質問


ページ番号1000766 


質問

【国保・高齢証】70歳から74歳の人の一部負担金の割合について知りたい。

回答

一部負担金の負担割合の判定について

医療機関等で支払う一部負担金の割合(負担割合)は、毎年8月1日を基準日として、その年度の市民税課税標準額(市民税算定の基礎となるもので、総所得合計金額等から各種所得控除をしたものです。)に基づいて「2割」または「3割」に判定します。

2割の対象者

3割の対象者

ご注意

世帯に国民健康保険に加入されている70歳から74歳の人で、一人でも課税標準額が145万円以上の人がいる場合は、該当者全員の負担割合が3割となります。

収入額による負担割合の再判定

負担割合が3割と判定された場合でも、国民健康保険に加入している70歳から74歳の人が次の条件に該当すれば、『国民健康保険基準収入額適用申請書』を提出していただくことにより2割に再判定されます。詳しくは、お問い合わせください。
※申請が必要で、該当すると思われる世帯には事前に申請書をお送りしています。

世帯に70歳から74歳の人が1人の場合

対象者の平成29年1月から12月までの各種収入の合計金額が383万円未満

世帯に70歳から74歳の人が2人以上の場合

対象者の平成29年1月から12月までの各種収入の合計金額が520万円未満


関連ページ


最終更新日: 2019年8月1日


国保年金課
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.