健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1014094 


質問

後期高齢者医療の減額認定証について知りたい。(限度額適用・標準負担額減額認定証)

回答

世帯の全員が市町村民税非課税の場合は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けることができます。
一ヶ月に1つの医療機関で、自己負担限度額を超える診療を受けるときは、医療機関に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すると、保険適用分の医療費の窓口支払額について自己負担限度額を上限とすることができます。
自己負担限度額は、世帯の市民税の課税状況と所得に応じて算定します。
所得区分については、下記関連ページの神奈川県後期高齢者医療広域連合ホームページ「負担割合(所得区分と自己負担)」をご覧ください。
申請の際は、交付対象かどうかを国保年金課後期高齢班(042-769-8231)まで事前にご確認ください。

申請に必要なもの

申請窓口

施設の詳細については、下記関連ページの施設マップをご覧ください。

申請方法

直接窓口または国保年金課 後期高齢班(〒252-5277相模原市中央区中央2-11-15)へ郵送

受付時間

月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後5時まで

休日

土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

有効期限について

申請日から直近の7月31日まで。
有効期限以降も引き続き対象になる方には、新しい減額認定証を郵送します。(手続きは不要です。)


関連ページ


最終更新日: 2020年4月1日


国保年金課(後期高齢班)
電話:042-769-8231
ファクス:042-752-1520


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.