健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001493 


質問

後期高齢者医療保険で医療機関を受診するときの自己負担割合(1割または3割)は、どのように判定しているのか知りたい。

回答

世帯内の被保険者について、市民税課税所得額に基づき、8月1日を基準として自己負担割合の判定を行っています。なお、被保険者証の有効期限前でも世帯構成員の変更等により、負担割合が変更になる場合があります。

自己負担割合の判定基準

自己負担割合は市民税課税所得額145万円以上の被保険者が世帯にいる場合に3割、いない場合は1割となります。

なお、以下に該当する場合は基準収入額適用申請書を提出し、認定されれば1割になります。


関連ページ


最終更新日: 2020年4月1日


国保年金課(後期高齢班)
電話:042-769-8231
ファクス:042-752-1520

神奈川県後期高齢者医療広域連合


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.