健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001477 


質問

後期高齢者医療制度の保険料はどうやって払うのですか。

回答

保険料の納め方は、年金からの天引き(特別徴収)と納付書、口座振替による納付(普通徴収)の2通りがあります。毎年7月中旬に、その年度の保険料額と納付方法をお知らせします。
特別徴収と普通徴収のどちらの納付方法となるかは、年金収入額などにより自動的に決まります。

年金からの天引きにより納付していただく人(特別徴収)

対象となる人

1年間の年金受給額が18万円以上の人で、下記の普通徴収の対象とならない人

納め方

年6回の年金の受給の際にあらかじめ差し引かれます。

納付書、口座振替で納付していただく人(普通徴収)

対象となる人

納め方 次の2種類の方法があります

75歳になられる方や転入された75歳以上の方など、後期高齢者医療被保険者証が届いた方へ

後期高齢者医療被保険者証が届いたら口座振替を申し込みましょう
(注1)年金天引きはすぐに始まりません
(注2)国民健康保険の口座は引き継がれません

後期高齢者医療制度に加入した後、特別徴収(年金天引き)が始まるまでに時間がかかるため、それまでの間は、普通徴収(納付書または口座振替)となります。ぜひ、納付忘れのない口座振替をご利用ください。今まで国民健康保険などで口座振替を利用されていた場合でも、口座振替は改めて手続きが必要となります。
また、特別徴収を希望しない場合は、口座振替依頼書とともに普通徴収による納付希望申出書の提出が必要です。

特別徴収から普通徴収へ変更となる人

それまで年金天引きであっても、次のいずれかに該当すると普通徴収に変わることがあります。

年金天引きの人でも納付方法を口座振替に変更することができます。

申請により、年金天引きを中止して本人や家族の口座振替に変更することができます。口座振替依頼書とともに普通徴収による納付希望申出書を提出してください。

社会保険料控除として申告する場合

納めた保険料は社会保険料控除として申告することができます。被保険者本人に代わって口座振替で納付した保険料額は、税金の申告の際に、実際に納付した人の社会保険料控除に合算できます。
しかし、納付方法が特別徴収の場合、納めた保険料は本人以外の社会保険料控除として申告することができません。保険料を家族の社会保険料控除として申告する場合は、口座振替依頼書とともに普通徴収による納付希望申出書を提出してください。

各施設の詳細については、下記関連ページの施設マップをご覧ください。


関連ページ


最終更新日: 2020年4月1日


国保年金課(後期高齢班)
電話:042-769-8231
ファクス:042-752-1520


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.