健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001409 


質問

ノロウイルスによる感染性胃腸炎について知りたい。

回答

感染性胃腸炎は、いろいろな病原体が原因となっているため年間を通じて発生しますが、例年冬期の胃腸炎はウイルス性のものが多く、その中でも多くの原因となっているのがノロウイルスです。

感染経路

カキなどの二枚貝類による食中毒のほか、感染したヒトの便やおう吐物も感染源となります。便やおう吐物から排出されたウイルスが人の手指や食品などを経て口に入ったり、乾燥した便やおう吐物の飛沫が空気中に舞い上がって経口感染することもあります。

潜伏期間

おおよそ1から2日。

症状

吐き気、おう吐、下痢、腹痛など。健康な人の場合、1から3日程度で治りますが、症状があるときにはかかりつけ医に受診することが大事です。

かかってしまったら

予防


関連ページ


最終更新日: 2010年7月6日


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.